Acronis True Image 2016の使い方:ハードディスク交換バックアップ

acronistrueimage2016-clonedisk

Acronis True Image 2016のクローンディスク機能を使ってパソコンに接続されているハードディスクの交換バックアップ、並行してパーティション領域の変更を行います。

ハードディスク交換バックアップの経緯

6年目に突入したWindows7のパソコンがあり、そろそろハードディスクが故障するだろうと思いまして「Windows10の無償アップグレード期間」のタイミングもあり、Windows10にあげる前に先にハードディスクを交換しました。

ハードディスク交換の準備

今回作業するにあたり下記3点を準備しました。

1.バックアップソフト(クローンディスク作成ソフト)

Acronis True Image 2016

2.新規ハードディスク

デバイスマネージャーでハードディスクを確認すると、既存ディスクは「Seagate:ST31000524AS」で仕様をみると「容量:1TB/接続:SATA600/回転数:7200rpm/キャッシュ:32MB」となっており、この仕様にそった比較的低価格なハードディスクを選び購入しました。新規ディスクは「Western Digital:WD10EZEX」約6000円程度のハードディスクで、仕様的にはキャッシュだけが64MBと増えたかたちになります。

3.PCとハードディスクをUSB接続するケーブルセット

新規ディスクを一旦パソコンとUSB接続するため、3.5インチHDD対応の接続セット「Groovy:UD-500SA」約3000円程度を購入

全て揃ったら、パソコンに「Acronis True Image 2016」をインストール、新規ディスクを「Groovy:UD-500SA」でUSB接続して「NTFS」フォーマットしたら準備完了です。

クローンディスクの作成

すべてのプログラム→Acronis→…→「Clone Disk
ディスクのクローン作成ウィザード
001 ATI2016_clonedisk

クローン作成モード:手動選択
002 ATI2016_clonedisk

ソースディスク:既存ディスク選択
003 ATI2016_clonedisk

ターゲットディスク:新規ディスク選択
004 ATI2016_clonedisk

移行方法:手動(パーティションサイズを手動で設定)
005 ATI2016_clonedisk

ディスクレイアウトの変更
既存ディスクをみると、Cドライブの容量が少ないことがわかります。それで全体的に最適な容量ごとに区切りたいと思います。
コツは後ろの区画にあるP/Dドライブをまず一旦適当に少ない容量に設定し未割り当ての領域を確保してから、前のCドライブに戻ってC/P/Dドライブと任意の容量で区切っていきます。
006 ATI2016_clonedisk
007 ATI2016_clonedisk
008 ATI2016_clonedisk
009 ATI2016_clonedisk
010 ATI2016_clonedisk
011 ATI2016_clonedisk

完了:確認し問題なければ「実行」
012 ATI2016_clonedisk

再起動後にスタートとなります。
013 ATI2016_clonedisk

この操作の完了後にコンピュータをシャットダウンする」にチェックを入れておきます。
014 ATI2016_clonedisk
015 ATI2016_clonedisk

交換及びパーティション領域の確認

完了後シャットダウンしたら、物理的に既存ディスクを取り外し、新規ディスクをパソコンとSATA接続します。PCの電源をON、Windowsライセンス認証とネットワーク設定が確認できたらマイコンピュータを開き、パーティション領域が変更されていることを確認して終了です。
016 ATI2016_clonedisk

だいたいトータルで2時間半の作業時間となりました。この後、正常に動くところがわかったら、再びAcronisでPC全体のイメージバックアップをとりました。

参考価格

Acronis True Image 2016ダウンロード版
1コンピュータ4,980円
3コンピュータ7,980円(14,400円
5コンピュータ9,980円(24,000円

導入費用

No.品名数量単価ネット注文価格
1PCバックアップ設定費115,00015,000円
2PCバックアップ設定費313,00039,000円
3PCバックアップ設定費512,00060,000円

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. office201709

    2017-9-7

    Office製品比較とシーン別価格重視での購入方法:2017年9月度

    SOHO/法人向けのマイクロソフトオフィス製品比較とシーン別/価格重視での購入方法について紹介(20…
  2. qnap-nas-syncro1

    2017-8-29

    QNAP-NASの双方向データ同期方法 – QNAPtoQNAP:RTRRデータフォルダ同期

    QNAP-NAS同士でRTRR双方向でデータフォルダを同期する方法について紹介(QNAP:TS-43…
  3. qnap-nas-backup1

    2017-8-28

    QNAP-NASのデータバックアップ方法 – QNAPtoQNAP:RTRRバックアップ

    QNAP-NASのデータをネットワーク上の別のQNAP-NASに「RTRRバックアップ」する方法につ…
ページ上部へ戻る