ルータ:YAMAHA RTX1200のバージョンアップの方法

ネットワーク

ヤマハのルータ:RTX1200のバージョンアップをWindowsパソコンからコマンドプロンプトで行うTFTPを用いた方法について紹介

ネットワーク環境

以下内容でネットワーク接続されているものと仮定します。

  • パソコン:Windows7 Pro
    IPアドレス 192.168.100.2
  • ルータ:RTX1200
    IPアドレス 192.168.100.1

パソコン側での事前準備

TFTPクライアントの機能を追加します。
コントロールパネル→プログラム→「Windowsの機能の有効化または無効化」にて「TFTPクライアント」をチェックして有効化させます。
program-tftpclient

ルータ側での事前準備

RTX1200にログインしてTFTPクライアントであるパソコンのIPアドレスを設定します。

tftp host 192.168.100.2
save

最新ファームウェアの事前準備

ヤマハの「ファームウェア配布ページ」にて「RTシリーズ:RTX1200」から「rtx1200.bin」というファイル名の最新ファームウェアをダウンロードし、パソコンのCドライブ直下に保存しておきます。「c:\rtx1200.bin」となります。




バージョンアップ作業

  1. パソコンでファイル名を指定して実行「cmd」でコマンドプロンプト起動
  2. 保存したファームの場所へ移動し、ルータへファームを送信
    cd c:\
    tftp -i 192.168.100.1 put rtx1200.bin exec
  3. ルータの前面LEDが点滅→ルータの再起動を待ちます。
  4. RTX1200にログインして最新になったか確認し、本作業で設定したところを削除
    show environment
    no tftp host
    save

以上でバージョンアップ作業は終了です。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP