QNAP-NASのデータバックアップ方法 – QNAPtoQNAP:RTRRバックアップ

qnap-nas-backup1

QNAP-NASのデータをネットワーク上の別のQNAP-NASに「RTRRバックアップ」する方法について紹介(QNAP:TS-431X to QNAP:TS-231+編)

NASバックアップの準備

  • NAS本体1(バックアップ元)
    ※QNAP-NAS:TS-431Xを使用
  • NAS本体2(バックアップ先)
    ※QNAP-NAS:TS-231+を使用


NASバックアップの概要

バックアップ元データフォルダ:NAS11:SRCフォルダ
バックアップ先データフォルダ:NAS02:DSTフォルダ
とし、QNAP-NAS同士のRTRRバックアップを使用します。
あらかじめ「SRCフォルダ」に1GB程度のテスト用データを入れています。
※CMDコマンド「fsutil file createnew testfile 1073741824」で作成

QNAP-NASにバックアップアプリをインストール

検索窓にて「app」で検索し「App Center」クリック
※元々デスクトップに表示されているアプリだと思います。
001 QNAP-NAS_backup1

「Hybrid Backup Sync – Beta」インストール
002 QNAP-NAS_backup1

ハイブリッドバックアップ同期がインストールされました。
003 QNAP-NAS_backup1
004 QNAP-NAS_backup1

バックアップ先のQNAP-NASを準備

先ほどと同様にバックアップ先となるNASでも「Hybrid Backup Sync」をインストールして起動
005 QNAP-NAS_backup1

「RTRRサーバー」を有効にします。
※パスワードはRTRRサーバに接続する為だけに使用され、管理者/フォルダ接続のパスワードと異なっていてもOK
006 QNAP-NAS_backup1

接続元のアクセス制限も可能です。
007 QNAP-NAS_backup1
008 QNAP-NAS_backup1

バックアップ元のQNAP-NASを準備

ハイブリッドバックアップ同期にて「ストレージ領域」の作成
009 QNAP-NAS_backup1

「リモートサーバーで」を選択
010 QNAP-NAS_backup1

「リモートストレージ領域の作成」にてストレージ名入力、サーバ項目にて「設定」クリック
011 QNAP-NAS_backup1

バックアップ先となるQNAP-NASの「IPアドレス」入力、パスワードは先ほど設定したRTRRサーバのパスワードです。
012 QNAP-NAS_backup1

「SSL」を有効にするかしないかで速度が変わります。
013 QNAP-NAS_backup1

バックアップ先として準備しておいた「DSTフォルダ」選択
014 QNAP-NAS_backup1

リモートNAS項目にバックアップ先となる情報が追加されました。
015 QNAP-NAS_backup1

QNAP-NASのRTRRバックアップの設定

ハイブリッドバックアップ同期にて「概要」のトップを表示、「バックアップジョブの作成」クリック
016 QNAP-NAS_backup1

「リモートバックアップ」選択
017 QNAP-NAS_backup1

「バックアップジョブの作成」にて「ソースロケーション」「バックアップ先」を設定後、「詳細設定」クリック
018 QNAP-NAS_backup1

「スケジュール」を任意に設定出来ます。
019 QNAP-NAS_backup1
020 QNAP-NAS_backup1

「ポリシー」設定
021 QNAP-NAS_backup1

「フィルター」設定
022 QNAP-NAS_backup1

「オプション」設定
023 QNAP-NAS_backup1

「バージョン」設定
024 QNAP-NAS_backup1
025 QNAP-NAS_backup1

「イベント」設定
026 QNAP-NAS_backup1

リモートジョブ項目にバックアップ設定情報が追加されました。
027 QNAP-NAS_backup1

10分間隔でバックアップ元からバックアップ先にバックアップが実行されるような設定をいれています。
028 QNAP-NAS_backup1
029 QNAP-NAS_backup1
030 QNAP-NAS_backup1

QNAP-NASのRTRRバックアップの確認

バックアップ先にてバックアップが正常完了していることが確認できます。
「年月日時間.Q」のフォルダ名が作成されていきます。
最新が「latest」のフォルダ名となり、これらの中にバックアップされたデータが入っています。
先の「バージョン」設定にて、バージョンの最大数:3とした場合、「年月日時間.Q」のフォルダが3つと「latest」のフォルダが1つの合計4つのフォルダが存在する状態になります。
031 QNAP-NAS_backup1

※このバックアップ方法はバックアップ元からバックアップ先への一方向となり、バックアップ元フォルダとバックアップ先フォルダ内にある「latest」フォルダの内容が一緒になっています。バックアップ元で誤ってデータを削除した場合などは、バージョン最大数にもよりますが「年月日時間.Q」フォルダを確認すると残っているかもしれません。

これでQNAP-NASのRTRRバックアップ設定が完了です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. office201709

    2017-9-7

    Office製品比較とシーン別価格重視での購入方法:2017年9月度

    SOHO/法人向けのマイクロソフトオフィス製品比較とシーン別/価格重視での購入方法について紹介(20…
  2. qnap-nas-syncro1

    2017-8-29

    QNAP-NASの双方向データ同期方法 – QNAPtoQNAP:RTRRデータフォルダ同期

    QNAP-NAS同士でRTRR双方向でデータフォルダを同期する方法について紹介(QNAP:TS-43…
  3. qnap-nas-backup1

    2017-8-28

    QNAP-NASのデータバックアップ方法 – QNAPtoQNAP:RTRRバックアップ

    QNAP-NASのデータをネットワーク上の別のQNAP-NASに「RTRRバックアップ」する方法につ…
ページ上部へ戻る