iPhone側にしかないデータをソフトを使ってバックアップ復元

iphone-musicdata-backup

iTunesやパソコン側で消してしまったり無くなった音楽データを、ソフト「CopyTrans」を使い、iPhone側にしかない音楽データからバックアップ復元できます。

ソフト「CopyTrans」のエディション選択

前までは下記3つのエディションに分かれていたようです。単に音楽の曲をバックアップ復元したいだけであれば「CopyTrans+」で十分だと思います。

  • CopyTrans+
    ※曲の基本バックアップ
  • CopyTrans BACKUP+
    ※基本機能に加え、写真管理やiTunes無しで曲を管理
  • CopyTrans COMPLETE+
    ※フル機能(曲管理のエキスパート向け?)

現在は、楽曲/アドレス帳/写真/iTunesライブラリ/左記フル機能の5つに分かれています。単に音楽の曲をバックアップ復元したいだけであれば「CopyTrans+」の後継であり「iPhone初代~iPhone6S/Plus」までの全モデルに対応する「CopyTrans」を購入すれば実現出来ます。

「CopyTrans」でのバックアップ復元方法

公式サイトで使い方が掲載されています。バックアップ先として「iTunes」と「フォルダ」の2箇所ともに指定して実行しておくとよいと思います。

http://www.copytrans.jp/support/マニュアルバックアップ/

私の場合は、マニュアルを見ずともなんとなくでも操作がわかりました。それくらい結構簡単でわかりやすいソフトであると感じました。

iPhoneバックアップの保存場所

ここから少し話がそれますが。。通常は1台のパソコンで1台ないし2台程度のiPhone/iPadなどをiTunesで管理しバックアップしているかと思います。
もし子供5人の大家族だったらどうでしょうか。父母合わせて合計7台のiPhoneを管理することになります。(認証/ログインはしないので5台制限無し)
仮に64GBモデルならバックアップに1台につき約50GBの空き容量、128GBモデルならバックアップに1台につき約100GBの空き容量が必要になってきます。
ざっくり計算でも、最大で100GBx7台で700GBの容量がいります。

ではいったい、そのバックアップはどこに保存されるのか?
答えは「Cドライブ」に保存されるようです。
https://support.apple.com/ja-jp/HT204215

C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup

いくら音楽データの保存先を変えても、本体バックアップは「Cドライブ」に保存されます。Cドライブの容量が1000GB(1TB)程度あるならまだしも、500GBなら容量が満タンになりパソコンが動かなくなっちゃいます。
実際あった話ですが、この場合iTunesでどれかのバックアップを削除して容量を減らすか、管理パソコンを変えるかしないといけなくなります。

運用方法にもよりますが、iPhoneを管理するなら「Cドライブ」の容量に注意です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. centos7-dd-backup

    2018-4-30

    CentOS7-DDバックアップ方法

    CentOS7.4にてHDDデータを丸ごと外付けHDDにバックアップする方法について紹介(DDバック…
  2. office201709

    2017-9-7

    Office製品比較とシーン別価格重視での購入方法:2017年9月度

    SOHO/法人向けのマイクロソフトオフィス製品比較とシーン別/価格重視での購入方法について紹介(20…
  3. qnap-nas-syncro1

    2017-8-29

    QNAP-NASの双方向データ同期方法 – QNAPtoQNAP:RTRRデータフォルダ同期

    QNAP-NAS同士でRTRR双方向でデータフォルダを同期する方法について紹介(QNAP:TS-43…
ページ上部へ戻る